よくある質問

製品に関してよくある質問をご確認いただけます。

開発や動作する環境に関する質問

Xuniを利用して開発できるアプリの種類は?

Xuniは、Xamarin プラットフォームを利用したアプリ開発とAndroid、iOS(iPhone、iPad)のアプリ開発で利用できます。いずれもネイティブアプリ開発で、ハイブリッドアプリ開発には未対応です。
開発できるアプリの種類は以下になります。

  • Android:Android Studioなどで開発するアプリ
  • Android:Xamarin.Forms
  • Android:Xamarin.Android
  • iOS:Xcodeで開発するアプリ
  • iOS:Xamarin.Forms
  • iOS:Xamarin.iOS
  • Windows Phone:Xamarin.Forms

なお、現在のバージョンではXamarinプラットフォームを利用した場合でもWindowsアプリ、UWPアプリ、Macアプリ開発では利用できません。
UWPアプリの場合は別途、ComponentOne StudioのUWP用コンポーネントをご利用ください。

Visual StudioとXamarinでの利用は、Xamarin Platform「Xamarinできます」 で解説しています。

製品構成とその選択については、Xuniをご利用になるには製品の選択 をご参照ください。

XuniをXamarinで利用してiOSアプリを開発する場合にWindowsだけでできますか?

Xamarinを利用することでiOSアプリ開発が可能ですが、どのようなケースでもiOSアプリのビルドはmacOSが必須になります。これはiOSアプリの制約です。
Visual StudioとXamarinでiOSアプリを開発する場合には、必ずmacOSの開発環境に接続してビルドを実行します。

Xamarinに関する情報は、技術情報Xamarin関連 にリンクがあります。

ライセンス/サブスクリプションに関する質問

アプリ開発をするために必要なライセンスは?

Xuniを利用してアプリを開発するためには、開発ライセンスが必要です。
開発者(Xuniを利用したアプリを開発する人)1名に対して、1本のユーザーライセンスが必要です。
ユーザーライセンスを割り当てた開発者を変更する場合、同一企業内の担当者であれば変更が可能です。
他社の担当者に対するユーザーライセンスの割り当ては、譲渡にあたりますので変更できません。

またXuniを利用して開発したアプリをリリースするためには配布ライセンスが必要です。
配布ライセンスは、開発ライセンスを利用するユーザーが、ライセンスキーを取得してアプリに設定する必要があります。
配布するための追加費用は発生しませんので、アプリの本数、種類数に制限なく配布できます。

詳細は、ライセンス をご参照ください。

Xuniを利用して開発したアプリを販売できますか?販売した場合の使用料は?

Xuniの各機能を利用したアプリは、有償、無償を問わず自由に公開できます。製品版の配布用ライセンスの取得に関する費用もなく、配布やその本数について報告することなく公開または販売できます。

詳細は、ライセンス をご参照ください。

Xuniを利用したアプリを、XuniのWebサイトでご紹介することも可能です。詳しくは営業部までご相談ください。

連絡先は、Xuniをご利用になるにはお問い合わせ をご参照ください。

どのエディションを選択すれば良いですか?

Xuniは開発するアプリのプラットフォームに対応したサブスクリプションを選択できます。
「Xuni Enterprise」は、Xuniが対応するすべてのプラットフォームでの開発で利用できます。
AndroidまたはiOS開発のみで利用する場合は、それぞれのプラットフォームのみで利用できるエディションを用意しています。
なお、Xamarin Platformでご利用いただく場合は「Xuni Enterprise」をご選択ください。

詳細は、Xuniをご利用になるには製品のご購入 をご参照ください。

Visual StudioのXamarinで利用できますか?

XuniはXamarin Platformでご利用いただけます。
Visual Studio 2015 の全エディションでXamarin が利用できるようになりましたので、「Xuni Enterprise」は無料のCommunityを含むVisual Studioで利用できます。

詳細は、Xuniをご利用になるにはXamarinできます をご参照ください。

サブスクリプション契約は必須ですか?

開発ライセンスはサブスクリプション方式で提供していますので製品をご利用いただくためにはサブスクリプション契約が必要です。サブスクリプション契約の期間は1年間で2年目以降は更新が可能です。
契約期間満了を迎える前に更新手続きを行わない場合、サブスクリプションサービスの利用ができなくなります。
継続して製品の最新版とサポートサービスをご利用頂く場合は、更新手続きを実施して契約期間の延長を行ってください。

詳細は、Xuniをご利用になるにはご購入後のお手続き をご参照ください。

サブスクリプション契約を更新しない場合もアプリ開発を継続できますか?

サブスクリプションを更新しない場合も、契約期間内にXuniを利用して開発したアプリが動作しなくなることはありません。開発したアプリのメンテナンス、アプリの新規開発と配布ライセンスの取得は継続して行うことができます。

しかし、製品の不具合に対するアップデートは最新バージョンに対して行われるため、以前に利用したコンポーネントに同じ不具合が発生していても修正版を適用できません。最新バージョンを利用するには、サブスクリプションの更新が必要になります。

詳細は、Xuniをご利用になるにはご購入後のお手続き をご参照ください。

購入に関する質問

購入する前に試すことはできますか?

Xuniの各コンポーネントを利用して動作を確認するには2つの方法があります。

  • 無料アプリ
  • 各ストアで公開しているアプリをインストールすると、各コンポーネントを利用したサンプルアプリを操作して動作が確認できます。

  • トライアル版
  • Xuniを製品版と同様に開発環境に組み込んでサンプルアプリ開発ができます。トライアル版を利用するライセンスの有効期限は30日間です。ご利用できる機能は製品版とすべて同じです。

詳細は、Xuniをご利用になるにはXuniのお試し をご参照ください。

Xuniの購入はどこでできますか?

弊社だけでなく各ショップや販売店でもご購入いただけます。

詳細は、Xuniをご利用になるには製品のご購入 をご参照ください。

購入方法、適切なライセンス数などがわかりません。

各ショップや販売店にお問い合わせいただくこともできますが、グレープシティの営業窓口もご利用いただけます。製品に関する技術的なご質問も含め、各種ご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

詳細は、Xuniをご利用になるにはお問い合わせ をご参照ください。

採用事例に関する質問

Xuniを利用したアプリはありますか?

Xuniの利用例として開発した、チャート作成アプリ「ChartBuilder(チャートビルダー)」を公開しています。

オリジナルチャートを作成し画像化できるこのアプリは、FlexChart、FlexPieを利用して各種チャートを作成しています。
表示するデータの入力画面はFlexGridを利用し、表形式での入力が可能になっています。

このアプリはXamarin.Formsで開発した、Android、iOSおよびWindows Phoneアプリで、各ストアから無料でインストール可能です。

各ストアへのリンクは、Xuniをご利用になるには無料アプリをご参照ください。